ロゴデザイン

あなたの想いをカタチに。

将来性、時代性、企業理念、代表者の想い、
美しさ、オリジナリティ、判別性、
汎用性などに配慮し、 お客様の会社・
店舗、依頼内容に最も相応しい
バランスでデザインしていきます。

ブランディングを考える上でまず最初に必要となるのが「ロゴ」です。このロゴは、企業の「顔」であり、どんな会社なのか?どんな事業をしている会社なのか?といった企業そのもののイメージを相手に伝える大切な役割を持っています。「企業理念」や「代表者の想い」などの意味合いを、シンボルとし表現することが、ブランディングの中核を担う基本要素となります。これらの基本要素を名刺や封筒、WEB、広告宣伝ツールなどのあらゆるデザインアイテムに、最も効果的なデザインで展開させることで、ブランドイメージの一貫性が保たれます。
そうして出来上がったブランドイメージの価値を高めるには、企業や店舗の成長とともに、長い年月をかけて育てていくことが重要になってきます。せっかく作ったロゴでも、使い方一つでイメージをさらに良くしたり、逆に良さを引き出せなかったりします。デザイン物を制作される際には、一貫したブランディングプランを施すことで、長期的なブランドイメージの統一が可能になります。

名刺・カード作成

  • 営業名刺
  • ショップカード
  • メンバーズカード

名刺やショップカード作成はとても重要な営業・販促ツールのひとつです。
名刺に顔写真や出身地、自分の特技や資格などを書いておけば、無言で自分を売り込むこともできます。逆に、こうしたことを口頭で伝えるのは至難の業。そこで、M STUDIOがオススメする名刺はたんなる連絡先伝達カードではなく、自己PRカードとして活用することです。名刺を工夫すると、セカンドアプローチも断然ラクになります。
ショップカードは、気軽にテイクアウトできる小さなパンフレットとも言えます。リピートはもちろんのこと、ホームページからの注文やご紹介の大きなきっかけにもなります。ショップカード・メンバーズカードのデザインから店舗イメージ創り=ブランディングを見直しませんか。

ロゴマーク・名刺・カードを知ろう!

豆知識

ロゴタイプとシンボルマーク(ロゴマーク)の違いについて。

ロゴタイプ
ロゴタイプとは

会社名や商品名のシンボル化を図るため、1つのマークのようにまとまって扱われる合成文字。社名の認知度に役立ちます。

シンボルマークとは

企業や店舗・ブランド等の名称の一部や事業内容・理念・社風・ミッション・歴史などを象徴的に表現したマークのことをいいます。そして、シンボルマークはロゴタイプに比べ自由度が高く、イメージをより伝えやい性質があり、ブランド意識につなげやすく、信頼性の向上に発展する可能性を秘めています。

シンボルマーク
シンボルマーク+ロゴタイプ
シンボルマーク+ロゴタイプ

シンボルマークとロゴタイプが一体化したロゴも存在します。シンボルマークは象徴的に、ロゴタイプはシンボルマークのイメージを合わせつつ読みやすく名前をマークのイメージに合わせることができるため、ロゴの存在感がさらにアップさせる効果があります。

仕事には欠かせない、一番小さなビジネスツールです。

91×55mmの定型サイズ

書体や質感にこだわったシンプルなものや、表面に基本情報と顔写真やイラスト、そして裏面に自己紹介や簡単な会社案内などの情報を載せる名刺なども人気です。

  • 会社名
  • お名前
  • 連絡先
  • コンセプト
  • サービス内容
名刺
たくさんの情報を伝えることが出来る二つ折

通常サイズの名刺では、スペースに限りがある為、会社名とお名前といった基本的な情報しか載せれませんが、2倍の情報量を盛り込むことができる、二つ折名刺では、簡単な会社案内やオススメの商品の紹介、または自己紹介やメッセージ欄などたくさんの情報を載せることができます。

  • 基本情報
  • 顔写真
  • 自己紹介
  • 地図
  • 簡単な会社案内
  • オススメの商品の紹介
  • メッセージ欄

縦型

仕上りサイズ:91×55mm
見開きサイズ:91×110mm

横型

仕上りサイズ:91x55mm
見開きサイズ:182×55mm

気軽にテイクアウトできる、一番身近で販促効果が高い紙媒体。

ショップカード・メンバーズカード

お店の顔になるショップカードは、86×54mmと小さいながらもこだわりが伝わるデザインに仕上げていきます。そして、次回の来店につなげるメンバーズカードは、割引やサービス、またプレゼントなど利用価値の高さを伝える必要があります。当方では、デザイン重視のショップカード作成、割引やプレゼントなどの付加価値を付けたサービス重視のメンバーズカード作成など、カード作成の目的を明確にしてデザインに取り掛かります。

  • スタンプカード
  • 割引券
  • 優待券
  • 招待券
  • 回数券
名刺
ショップカード

ショップカード

サイズ:86×54mm

メンバーズカード・割引チケット

ポイントカード・チケット

横型サイズ:170×54mm
縦型サイズ:106×85mm

回数券

回数券

6枚綴り・11枚綴り
折りたたみサイズ:87×55mm

写真素材・写真撮影

より伝わるビジュアルに。

イメージにマッチした写真は、
企画内容を具現化するのに欠かすことが出来ません。

無料提供の写真素材

  • 人物
  • 動物
  • 花・植物
  • 風景
  • 食材・料理
  • インテリア・住空間編
  • イベント
  • 各種イメージ

当方のサービスとして、デザインのクオリティ向上を目的に、高品質な写真を無料提供しています。
写真素材は、人物、植物、風景、食材、インテリア、都市等、ありとあらゆる写真素材を幅広く取り揃えております。また、季節イベントや生活・ビジネスなどのシーンをイメージさせる写真も無料提供しております。

プロによる写真撮影(別途お見積もり)

  • 料理
  • 建物
  • 宝石
  • モデル
  • 暗所撮影
  • 長期的にご使用となる媒体

写真素材では対応できない場合や、よりクオリティの高い写真や、料理、宝石、モデル撮影など
難易度の高い写真を要する際には、プロカメラマンによる撮影を協力会社に依頼しております。
とくに、長期的にご使用となる媒体に掲載する写真には、プロカメラマンによる撮影を推奨します。

データ入稿のご案内

お客様の想いを形にするために

お客様のビジネスに対する想いや商品をPRするために、お客様にもお手伝いして頂きたいことがございます。
写真や文章といった原稿は、良い広告宣伝物を制作する際にとても大切な要素の一つです。

写真素材のご入稿について

  • デジタルカメラ
  • プリント写真
  • 広告宣伝物からの流用
  • ホームページからの流用

チラシやパンフレットなどの広告宣伝物を作成する際、お手持ちの写真素材(写真・イラスト・地図・ロゴ等)を使用することも可能です。デジタルカメラで撮影されたデータやプリント写真等、入稿方法は様々ですが、それぞれに注意点がございますのでご入稿前に必ずご確認ください。

文字原稿のご入稿について

  • Excel・Word・PDF・PowerPointなどのデジタル原稿
  • 広告宣伝物からの流用
  • ホームページからの流用

文字原稿(文章)はメール、text、Excel、Wordなどの、デジタル原稿データで送ってください。文字原稿につきましては、伝えたい商品や技術、サービス内容に一番詳しく、その道のプロであるお客様よりご提供いただきます。もちろん、キャッチコピー・リードコピーなど、デザイン上で必要になる部分はこちらからのご提案もいたします。ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。