データ入稿のご案内

お客様の想いを形にするために。

お客様のビジネスに対する想いや商品をPRするために、お客様にもお手伝いして頂きたいことがございます。
写真や文章といった原稿は、良い広告宣伝物を制作する際にとても大切な要素の一つです。

写真素材や文字原稿のご入稿について

チラシやパンフレットなどの広告宣伝物を作成する際、お手持ちの写真素材(写真・イラスト・地図・ロゴ等)を使用することも可能です。デジタルカメラで撮影されたデータやプリント写真等、入稿方法は様々ですが、それぞれに注意点がございますのでご入稿前に必ずご確認ください。
文字原稿につきましては、伝えたい商品や技術、サービス内容に一番詳しく、その道のプロであるお客様よりご提供いただきます。もちろん、キャッチコピー・リードコピーなど、デザイン上で必要になる部分はこちらからのご提案もいたします。ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

デジタルカメラ

デジタルカメラ撮影写真のご入稿について

お客様より「デジタルカメラで撮影した写真を広告に掲載できますか?」とのご質問を度々頂きますが、デジタルカメラで撮影した写真でも問題なく使用できます。但し、ピントが合っていない・手ブレが生じている・ノイズが入っているなど、撮影時の画質が印刷物にそのまま反映されますので、撮影時には十分ご注意下さい。

留意事項

  • 撮影写真の色補正をご希望の場合は、ご入稿時にお知らせください。
  • 撮影写真のブレ、ノイズ、白飛び、逆光の補正には限界があります。
  • 通常、印刷で使う画像データの解像度は原寸で350dpi(pixel/inch)、タペストリーなど布に印刷する場合は原寸で150dpi(pixel/inch)となっております。撮影時には出来るだけ高い解像度で撮影を行ってください。ホームページ等に掲載されている画像はそのまま利用できません。
プリント写真

プリント写真のご入稿について

プリント写真でも問題なく広告に掲載できます。但し、プリント写真をスキャニングしてデータ化致しますので、プリント写真よりも画質は落ちてしまいます。キズや汚れの補正も出来ますが、ご入稿時には出来るだけきれいなプリント写真をご用意下さい。

留意事項

  • ご入稿頂いたプリント写真の状態よりやや画質が落ちてしまいます。
  • プリント写真の色補正をご希望の場合は、ご入稿時にお知らせください。
  • プリント写真のブレ、ノイズ、白飛び、逆光の補正には限界があります。
  • 通常、印刷で使う画像データの解像度は原寸で350dpi(pixel/inch)、タペストリーなど布に印刷する場合は原寸で150dpi(pixel/inch)となっております。入稿の際には、なるべく大きくきれいなプリント写真をご用意ください。

その他の留意点

データ・プリント写真は、必ずバックアップ(複製)を保存して下さい

ご入校頂いたデータ・プリント写真等は原則として返却いたしませんのでご了承ください。

プリント写真は、写真店で現像した写真をご用意下さい

家庭用インクジェットプリンターやデジカメプリント機能付きコピー機で出力した写真は印刷には適しません。

入稿用データの圧縮に関してZip圧縮ツール

入稿用の文字データ(text、Excel、Word)や画像データ(jpg、gif、png、tiff)などをZip圧縮ツール(無料)等で、容量を小さくすることによって、メールやストレージサービスといったWeb入稿時の時間短縮になります。さらに、圧縮ファイルにすることで送信時のファイル破損の確率を抑えることができます。

データの入稿方法

無料ストレージサービスによる入稿

firestorage…最大250MBまで送信可能  http://firestorage.jp/
Giga File便…容量無制限(1ファイル2GB)まで送信可能  http://www.gigafile.nu/

メール添付による入稿

添付ファイルの有無に関わらず、メール1通の容量は最大10MBまで送信可能です。容量を超えますと、メールの送信ができませんのでご注意ください。
※メール添付による入稿をご希望の場合はお知らせください。

郵送・宅配便による入稿

現在、ネット上での電話番号や正式住所は公開しておりません。正式に契約となりましたら、電話番号・住所をお伝えいたしますので予めご了承ください。
※非公開の理由に関しまして、お仕事のお問い合わせ以外のお電話が多くなるため、電話番号は公開しておりません。また自宅アトリエのため住所は末尾まで表記しておりません。